ikuo’s blog

育児やエンジニアリングについて

「デブサミ再演!クリエーションライン安田氏が語るどん底からのジョイインクジャーニー7年記」をみんなで見た #ハッカーライフラボ

TL; DR

  • もしまだ↓を見ていない方は、とりあえず今すぐ見ましょう。今すぐ!
  • 「オンラインにアーカイブされたセッションをみんなで観る」という体験が新しい扉を開きました
    • カンファレンスのフィードバックをどうするか?問題に一筋の光が差した(気がする

日本にJoy,Incを創る! ぼくらのジョイインクジャーニー 3年間の軌跡

内容については多く触れません、僕の力量の問題でここで伝えられることは多くないです。 僕は久しぶりに勇気をもらえた素晴らしいセッションでした。 とにかくまだ見てないという方は、ここで読むのをやめて今すぐ冒頭の Youtube へ。

さて、Joy, Inc という素晴らしい本がありますね。

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント

この本とは、ちょうど「仕事」と「人生」の垣根がなくなってきて、本当に仕事が楽しい、あるいは仕事って楽しんでいいんだと思え始めた頃に出会いました。 タイトルの通り「喜び」を追求することを経営の柱とする、メンローという会社の話です。 個人的にこの思想はすごく共感できて、僕の価値観や仕事での活動にも背中を押してもらったように感じています。 ぼくもメンロー行きたい。。

...とにかく、この Joy, Inc ー メンローのような会社を、本気で日本で作ろうとし、それを実現している経営者の方のストーリーです。 クリエーションラインさんは様々なカンファレンスでスポンサーをされていますしもちろん知っていましたが、こんなストーリーがあったとは...!

そもそもこのセッション聴きたいなと思っていたのですが、RSGTでは裏番組で見れなく、デブサミは行けず。。 そのセッションがなんとオンラインで見られるというではありませんか...! ...それでもオンタイムでは見られませんでした。理由は後述。。

それが今回、社内のコミュニティみんなで見る機会を得られました。 コミュニティの長であり、僕の師匠である吉田氏がこれをみんなで見ようと言い出してくれて実現しました。さすがとしか言いようがありません。

昨今の情勢から、この会自体もリモートで参加し、オンラインでZoomでつないで一つのPCからYoutubeを流すというスタイルで開催となりました。

f:id:martin_lover_se:20200313001951p:plain

会がオンラインだったことによる影響は大きくなかったと思います。多少会話がしづらいのが残念でした。

とにかく、完全オンライン/アーカイブされることが前提のセッションをみんなで観る、という体験は初めてでしたが予想以上に良く、 というか感動レベルだったので、そのPros/Consを少しまとめておこうと思いブログを認めました。

予想以上に前置きが長くなりました。。

Pros/よかったこと

いつでもみられる

完全に個人的な制約からくる理由ですが、まずこの時点でもう最高です。

東京ではITの勉強会が多く開催されていますが、その多くは 19:00 ~ 19:30 に開始されます。 エンジニアの終業後で参加しやすい時間帯...ということだと思うのですが、僕には小さな子供が2人おり、その時間帯は完全に家事のピークタイム。 ご飯を作って子供をお風呂に入れてご飯を食べたらあっというまに21:00です。

昨今の社会情勢でオンライン勉強会も増えいているように思いますが、オン/オフに関わらずこの時間帯でのオンタイム参加は厳しい、というのが現状です。

というわけで、オンラインでいつでも見られる、というのは個人的にこれだけで本当にありがたく価値があります。

みんなとみられる

仲間とみられる、といっても良いです。 今回の場合は前述の通り同じ会社で、それぞれに「チームを良くしたい」という志を持って集まった人たち ー つまりコンテキストをある程度共有できている人たちと一緒に見ることができました。 こういう会を気軽に開催できるのが良いですね。

かつ、ワイワイあーでもないこーでもない話しながら見られる。これが個人的に最高の体験でした。

オフラインのカンファレンスのセッションでは、セッションの真っ只中で感じたことを話しながら観るのは実質的に不可能でしょう、まわりの方にも迷惑ですし。 Slackでチャットしてたりはしますが、やはり会話にまさる情報量はありません。

それが今回やってみて、もちろんそれぞれに感じることは違うけど、会話によってそれらをつなげることができそうだぞ、これなら想いも少し共有できそうだぞ、と。

個人的によくカンファレンスに参加するのですが、会社でお金を出してもらった場合はフィードバック会を開いて参加しなかった人に共有します。 誰かが喋ったスライドをかいつまんで「こんなセッションがありました」「この人がこんな事を言ってました」みたいなフィードバックをしがちなのですが、まあ1ミリも伝わらないですしやるほうとしても辛いな、と思っていました。 そもそもカンファレンスから持ち帰る最高の財産は「情熱」や「エネルギー」だと考えているのですが、こちらがアツくなればなるほど温度差が広がり、やはり熱量は1ジュールも伝わりません。

今回のように、1つのセッションを少人数で見ながらああでもないこうでもないと会話をするスタイルでならもしかしたら...、少しは「熱量」を伝えられるかも? 次にカンファレンスフィードバックをする機会があってセッションの録画が公開されていたら、ぜひこのスタイルを試してみたいと思います。

Cons/難しいなとかんじたこと

断っておきますが、上記の通りベースラインは「最高」スタートです。 オンライン上でのセッションとオフラインでのそれを比べて、特有の難しさがあるなと感じたのでついでに記しておきます。

スピーカーの熱量が伝わりづらい

理由は色々あると思いますが、

お客さんが見えないので登壇者自身もテンションあげつらい(のかな?)とか? 画像や音の劣化、情報の欠落による「空気感」の感じ取りづらさ、とかもありそうです。細かい感情の震えとか。 話者と目線が合わない、インタラクションがない、etcetc...

これはどうしてもリアルで観る、に軍配が上がるかなと思いました。 それでも僕には無事ぶっ刺さっていますが。

スピーカーの緊張

関係者の方は撮影の場にはいらしたと思うのですが、カメラの向こうに向かってしゃべるというのはやっぱり特殊な状況に思えます。 特に生放送で、全くリアクションのフィードバックが得られないのに聴いてる人は実際にいるという状況は、オフラインでリスナーの方を前にした登壇とはまた違う緊張感がありそうだな、と感じました。やったことがないので想像ですが... 安田さんもしきりに「緊張してますね」とおっしゃっていたのが印象的です。

ビールが入ってからはだいぶ緊張もほぐれたように感じられました、これもオンラインならではでいいなと思いました!

おわりに

再三ですが本当に最高の企画でした。 #ハッカーライフラボ の皆様、 いわきり さん本当にありがとうございます。みなさんもぜひ、仲間と一緒にワイガヤしながら鑑賞する会を企画されてはいかがでしょうか!

今後も配信を企画されるとのことでしたので、Youtubeチャンネル ハッカーライフラボ さんに要注目、マストフォローです!

2019年の振り返りと2020年の抱負

f:id:martin_lover_se:20200114004438j:plain

スーパー今更ですが、やっと落ち着いたので。 去年できたことのダンプと、今年の抱負を。

写真は去年一番ハマった食べ物、ピェンロー鍋です。

TL; DR

  • 2019年ふりかえり:テーマは ’Agile
    • いろいろ登壇させてもらいました
    • いろんなカンファレンスに参加しました
      • ほとんどがAgileに関するもの!
    • プライベートでも変化の多い一年でした
  • 2020年チャレンジしたいこと

2019年振り返り

いろいろ登壇&出演させてもらいました

チームでいろいろな取り組みがうまくいき始めて、仕事がどんどん楽しくなりました。 とくにモブプロをデフォルトの働き方として採用したのは大きかったです。 チームを長く続けることで出来ることもあるんだなぁ、と感じた一年でした。

それと同時に、社外カンファレンスでその取り組みを発表させていただきました。

  • Agile Japan 2019
  • Agile Japan サテライト渋谷(再演)
  • 正しいものを正しくつくるカンファレンス
  • RSGT2020(2020年だけど)

登壇することがきっかけで自分のやっていることを言語化するきっかけになりましたし、 なによりコミュニティの方々に名前を覚えてもらえて、コミュニティに参加するのが楽しくなりました。 人生初の海外カンファレンス発表&英語プレゼンも、刺激と自信になりました。

憧れのビデオ&ポッドキャストにも出演させてもらいました。

  • Mob Mentality Show

これはお声がけいただいた時は本当に心臓止まるかと思いました。 Thank you Chris and Austin! そしてお誘いいただいた川口さんありがとうございました!!

「観測範囲で最もはしゃいでた2人(のうち1人)」として、Agile2019の ~土産話~ 自慢話をしてきました。 横道さん三浦さんありがとうございました!

Management3.0 関連でも、Co-Facilitatorとしてワークショップに参加したりしてました。 校正に携わった公式ドキュメント日本語版も、V1.0が無事リリース!

最近ちょっと時間が取れていないですが、せっかく認定ファシリテータの資格をとっているのでまたワークショップファシリテーターもやりたいですね。 今年は社内でももっと多くの人にこの考え方に触れてもらえると良いなと思います。

いろんなカンファレンスに参加しました

  • RSGT 2019
  • DevOps Days Tokyo
  • Agile Leadership Summit
  • Agile Japan
  • Agile 2019
  • XP祭り
  • DevLove 正しいものを正しくつくるカンファレンス

大きいものだけでもこれだけ。社外カンファレンス楽しい!Agile2019しか振り返りブログ書いてなかったですね...

martin-lover-se.hatenablog.com

勉強会にも参加したいんですが、子供が小さいと夜はなかなか...

自分が発表させていただいたカンファレンスはもちろんですが、個人的にはOSTが楽しかった Agile Leadership Summit がとても印象に残っています。ぜひ来年も参加したい。

来年も海外カンファレンスに参加できるといいな。

社内コミュニティの成長

ほそぼそとやっていた社内のアジャイルコミュニティに一気に人が増えて大所帯に。 師匠の人徳のなせる技でした。 人が増えると視点が増えて議論にも活気が出るし、チャレンジできることの幅が広がり楽しく過ごせました。

「正しいものを正しく作る」の著者である市谷さんをお招きして、ABDの結果を共有できたり。 スクラムワークショップを社内で実施してみたり。 Agile Japanサテライトを社内で開催してみたり。

今年もこういう活動を通じて、社内に仲間を増やしていこうと思います。

CSDになりました

こちらのブログに書きましたが、Certified Scrum Developer になりました。

martin-lover-se.hatenablog.com

実践的で最高に学びがある5日間でした。 David は今でも良い師匠です。 あ、「レガシーコードからの脱却」読みましょう、全人類必読です。

会社に高額な費用を負担してもらったので、これからも還元していきます。

次男の誕生、2度めの育児休業

プライベートでも大きな変化がありました。 一番はなんと言っても次男の誕生です。

2度めの育児休業は1.5ヶ月と短かったですが、充実していました。 新生児の時期の育休は子供のためにあらず。ママの回復をサポートするためにあります。 とはいえ赤ちゃんの次男と多くの時間を過ごせたことはまた人生の財産になりました。

またひょんなことからマンションを買って引っ越すというイベントも発生して、物理的にも大きく環境が変わった一年でした。

2020年チャレンジしたいこと

Agile を継続して学ぶ

もはや自分にとってAgileはソフトウェアを作ることそのもの。 継続的に学び、また機会があればアウトプットしていきたいです。 また、アジャイルコミュニティにも引き続き参加して友だちを増やしたい!

英語を何とかする

「英語は趣味」といってダラダラ勉強を続けてきてはや4年。 それでも一定上達はしていると感じています。

去年は通勤時のPodcastシャドーイングと、オンライン英会話、オフラインでのマンツーマンがメインでした。

海外カンファレンスなど英語で会話する機会にも恵まれ、 英語で会話をすることに抵抗や恐怖心はほとんどなくなりました。

しかしまだまだ、自分が目標とする

「英語で議論する」 「英語でプレゼンする」 「英語で仕事する」

に必要なレベルには程遠く感じています。 ここらでもう一段階レベル上げたいなと。 具体的な方法はこれからですが。シャドーイングの負荷上げるとか。

英語能力の証明にTOEFLでも受けようかと思っています。

コードを書く、コンピュータサイエンスを学ぶ

昨年は仕事以外でコードを書く時間が大きく減ってしまいました。 前述の通りいろいろな場所で発表させていただいたのですが、僕は発表1本つくるのにだいたい1ヶ月くらいはずーっとそのことばかりを考えて過ごしてしまいます。 そもそも並列でちがうことをやるのがあまり得意でないので...

もちろんそのおかげで気づいたことや学んだことも多くあったので、良いとか悪いとかではなく。

コードを書くことをこれからも生業としていきたいですし、今年はとりあえずコードを書く時間をもう少し確保します。 あと専攻がCSだったわけでもなく、体系的に学んだわけでもない... というのがずっと心に引っかかっていて、ここらで一念発起してちゃんと勉強しようかと。

こちらもまだ具体的に何しようかというのは考え中ですが、 データ構造やアルゴリズムの練習に競プロでもはじめようかとぼんやり考えています。

まとめ

RSGT2020で「今年のテーマ」レベルに印象に残った言葉が2つあります。

  • 「It is NOT Good, It is NOT Bad.」
  • 「迷ったら楽しそうな方を選ぶ」
    • 高橋さんは「迷ったらつらい方を選ぶ」とおっしゃっていて、その後「迷ったらXXXを選ぶ」を自分に合わせるメソッドを川口さんに教えてもらって生まれた気づき

人生のテーマレベルかも知れません。今年はこんなかんじでやっていこうと思います。

というわけで、とりとめないですが去年の振り返りと今年の抱負でした。 2019年は自分史上最高が色々できた良い年だったと思います。今年はさらにその上を..!

出会ったすべての皆様、昨年はありがとうございました! 今年もよろしくお願いいたします!

「いまここ」を受け入れる ~ RSGT2020に参加しています ~

f:id:martin_lover_se:20200110000521p:plain

まだ最終日のOSTを残していますが、ブログはアツいうちに書け...ということで参加レポートを!

TL; DR

  • ことしは登壇しました
  • "It is NOT good, It is NOT bad."
    • 心に留めて生きていきます
  • チームと組織
    • 組織ってなにものなのかよくわからなくなりました
  • 来年も参加したい!

今年は登壇しました

f:id:martin_lover_se:20200110000241p:plain

32/175, 採択率 18% ...! 多くの魅力的なプロポーザルの中、自分のプロポーザルを採択いただいたのは素直に嬉しかったです。 その分プレッシャーも大きく、年末年始は気が気じゃなかったのですが...

資料はこちらになります。

日本語 speakerdeck.com

English speakerdeck.com

僕たちのチームの一年間分のトライを、一ヶ月かけてじっくり言語化しました。 完全にパーキンソンの法則で年末年始もすべて注ぎ込んでしまったのですが、おかげさまでセッションは概ねご好評いただき、 気づけばはてブホットエントリにも入って多くの方の目に届けることができ感謝感激です。

事前のレビューを手伝ってくださった方々にもう一度感謝を!

f:id:martin_lover_se:20200110000618p:plain

f:id:martin_lover_se:20200110000745p:plain f:id:martin_lover_se:20200110000810p:plain f:id:martin_lover_se:20200110000924p:plain

"SPEAKER" のバッジも、登壇後のサインも、憧れの遠い世界のように感じていたことが、ちゃんとつながっているんだなぁ...というのが登壇後の率直な感想です。 会場の優しさに助けられて、登壇自体はとても楽しく終えられました。 「笑顔でやる」というXP祭りの反省も活かせたと思います。

反省点としては...、とにかくぼくは喋りたいことを喋りたいだけ喋るセッションになりがちで、またやってしまいました。

要点を絞って、一つのアイディアを、聞いてくれる方が受け取れるスピードで話す...

と、去年は4回位発表させて頂く機会があって毎回感じているのに改善できていないです。 スライド書き直すたびに量が増える病に... まあ言い訳ですね。 具体的な改善方法がわからないのです、一回全部捨てて組み直すとか...?

あと英語スライドを別途準備したのですが、スライドの内容減らしてでも同じスライドの中に書くべきでした。 スピードも早かったので英語話者の方を置き去りにしてしまい、実際英語話者の方から「わからなかった」とフィードバックいただきました。 せっかくの同時通訳セッションだったのに申し訳ないことをしたな、というのが心残りです。

"It is NOT good, It is NOT bad."

初日のKeyNoteは、CSMで鍛えてもらった Cope こと Jim Coplien氏。 竹刀を持って 'Do you have some sake?' と言いながら入場してくる彼の世界に一発で引き込まれてから、あっという間に時間が過ぎました。

一応メモです。

f:id:martin_lover_se:20200110001214p:plain

"It is NOT Good, It is NOT Bad. It is about where you are." 「良いとか悪いとかじゃなくて、あなたの 'いまここ' だ」

と繰り返しおっしゃっていたのが非常に印象的で、深く心に残っています。

あと「これはスクラムか?」という質問は間違っている、という旨の発言があったと思うのですが、 このあと自分のセッションで

スクラムガイドに書いてあることちゃんとやってるでしょ。これは正しいスクラムですね。」

みたいな主張をしようとしていた自分に気がついて猛省しました。

とかくなにかを良いとか悪いとかで評価しがちで、また人の評価をすごく気にしてる自分がいるなと。 よかったですか?おもしろかったですか?とか。 それは一回置いといて、ありのままのいまここをとりあえず認めよう。

...とか思ってたら、しいばさんの資料で同じようなことがでてきました。すごい。

残念ながらしいばさんのセッションは聞けなかったのですが、資料はストライクど真ん中でぶっ刺さりました。 これは聞きに行きたかった...

チームと組織

2日めはMichael K Sahota氏のKeyNoteから。こちらも一応メモを。

f:id:martin_lover_se:20200110001612p:plain

Management3.0とも近いものを感じました。 Agileやるにはやっぱり組織の後ろだてがいるかー、と。 トップのマインドセットから変えるのが大事だ。非常に納得感のある話でした。 一方、トップのマインドを変えるのが一番難しいのでは、ぼくみたいな一兵卒がやれることとは...とも考えました。

午後はきょん@kyon_mm さんと及部@TAKAKING22 さんの、チームに関する深いセッションを続けて。

きょんさんのセッションは去年初めて聞いた時は完全にキャパオーバーで、半分くらいで 「ライフはもうゼロよ!」 だったのをよく覚えているのですが、今年は最後までついていくことができました。

自分でこれ言えるのすごい...。

この気付きも収穫でした。

異なるプロジェクトのメンバーが同じチームとして働く、というコンセプトだったと思うのですが、これは応用できるかも。

及部さんのセッションはチームごと移籍した「team based team」の話。 隣の人と議論してください!でぱっと右をみたらなんといくお@dora_e_mさんという軌跡w

「チームはいつ死ぬのか?」というタフクエスチョンに始まり、ライフサイクルに応じたチーミングやゲーミングモデルなど、「チームとは?」について多くの新しい気付き、学びがありました。

どちらもチームに関する認識をアップデートする、素晴らしいセッションでした。

最後にあらた@aratafujiさんのセッションへ。

きっちり笑いを取り、参加者を勇気づける最高のセッションでした。エネルギー、パッションにただただ圧倒されます。

ほんと尊敬してます。

「組織目線でスケールを目指さず、チーム目線で始める」

なるほど、と。

ここまで今日聞いた話を自分の中で消化しようとしていたら、混乱してきました。 僕は目線がチームで、組織については正直ほとんど学んでいません。今のところあまりモチベーションがない、というのもあります。 今日の話を聞いて、チームの境界は認識できるのですが、組織というやつがよくわからなくなってしまいました。 多分そのポジションにいないというのもあると思うのですが。

チームが組織に与える影響ってなんだろう、あるいはその逆は。 というかそもそも組織ってなんだ。 ちょっとまだうまく言語化できてないですが、あしたのOSTで議論したいことがぼんやりと浮かび上がってきました。

最後に、これトイレに張った人天才だと思います。

来年も参加する!

まだ一日ありますが、やっぱりRSGTは最高に楽しい場。 今年は一日目が登壇で頭が一杯で怒涛に過ぎ去ってしまって、もっとこの場に居たいという気持ちが強いです。

来年も参加したい!いや、ぜったい参加する! コミュニティでシェアしたい内容が見つけられたら、またプロポーザルにもチャレンジしたいと思います!

あなたのチームはどんなモブ?モブプログラミング・フォーメーション!

この記事はモブプログラミング Advent Calendar 2019 7日目の記事です。

qiita.com

モブプログラミング(以下モブプロ)とは... いつものやつ貼っておきますね。

モブプロが大好きでして、実務でもチームのデフォルトの働き方としてモブプロを採用しています。 今年はXP祭りなどでもモブプロについて発表させていただきました。

開発フォーメーション

あるきっかけで、「カイゼンジャーニー」「正しいものを正しくつくる」の著者である市谷 聡啓(@papanda)さんと「開発フォーメーション」についてお話しさせていただく機会がありました。

そう、フォーメーションです。全然詳しくないんですが、サッカーとかラグビーとかのスポーツにもこういう概念がありますよね? 攻撃的な陣形!とか。もちろんこんな低解像度の理解でやってないと思いますが...

僕が一番遊んだサッカーゲームといえば「ロックマンズサッカー」ですが、それにも確かあったような。。 まあサッカーでこんなドマイナーゲームが出てくる程度にはスポーツ素人とお考えいただければと思います。

とにかく、フォーメーションは模倣することで意図する効果を引き出しやすくするための "カタ" であり、またそのフォーメーションの意図をチームが理解し、練度が高まれば、フォーメーションが決まれば戦術も決まるという具合に専門家の会話のような効果もあるのかなと思います。 これをソフトウェア開発でもやってみよう、と。

開発フォーメーションは、市谷さんにより「曳光弾開発」や「雁行陣開発」が紹介されています。

モブプロ自体が一つの開発フォーメーションだな、と思う一方、もっと解像度を上げてみると、モブプロをやっているときでもチームやコンテキストによって色々なやり方を取っていることに気が付きました。

フォーメーション、つまり "カタ" を知っておき、その時のコンテキストや対応したい問題に合わせてフォーメーションを選択できるようになれば、先人たちが踏み抜いた地雷 - アンチパタンを無駄に踏むこともなくなり、より良いモブの発展に貢献できるのでは、と。

市谷さんとお話したことを思い出して、(これも詳しくもないのに、、)フォーメーションをパタンの形式でまとめてみることにしました。 これがモブプロのパターンですと言いたいわけではなく、なんとなく直感的にパタンの形式で記述したほうが説明しやすそうだなと感じたのでやってみました。 パタンを抽出できるほどモブの場数を踏んでないですし、フォーメーション間の関連とか全く整理できてないですし、誰とも議論できてないのでパタン・ランゲージでもなんでもないのですが、練習ということでご容赦いただければと思います。

パタンの形式は Learning Pattern と、大好きな Fearless Change を参考にしました。

learningpatterns.sfc.keio.ac.jp

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

コラ!と感じられた方、お手数ですが是非フィードバックをいただければ🙇

なお、モブプログラミングのパタンについては、Agile2019で Harvesting Mob Programming Patterns: Observing how we work1 というExperience Report で報告されています。

ロールなどベーシックなものから、僕たちのチームでも遭遇したことのあるアンチパタンまでモブプロあるあるが集まっており納得感があります。 日本でやっている人たちとも是非、こういう共通点を見つけるような議論をしてみたいです。 スライドも面白かったのでチェックしてみてください。 なんとなく、今回紹介するフォーメーションと関連しそうなパタンもいくつかあったのですが分析不足です。。

前置きが長くなりましたが、これまで発見したモブプロ・フォーメーションをいくつかご紹介します。 タイトルの先頭の数字は人数の振り分けを擬似的に表すものです。フォーメーションぽいかなと思い。 モブプロは最大5〜6人程度でやるのが良いと感じていて、以下は6人あるいは5人の割り振りとお考えいただければと思います。

1 - 5: Smart Input Operator2 / 賢い入力手

チームを正しいことに集中させる

f:id:martin_lover_se:20191206224152p:plain

状況

モブプロを始めたい、あるいは始めた。

問題/フォース

ドライバが入力しているのをナビゲータが眺めている。会話が少ない。

  • チームが議論に慣れていない
  • ドメイン知識/専門性が深い人がずっとドライバ
  • 交代時間が長い
    • e.g. キリのいいところまでやる

解決

  • Strong Style3 のルールに従う by Llewellyn Falco
    • "For an idea to go from your head into the computer it MUST go through someone else's hands"
    • "アイディアがコンピュータに入力されるためには、誰か他の人の手を介さなければならない"
  • ドライバはタイマーで交代する
  • ドライバはナビゲータを 信頼 し、議論の結果をコードに落とすことに集中する
  • ナビゲータはドライバの理解度に応じて指示の抽象度を上げ下げする

結果状況

オリジナルの論文4で紹介された、最もオーソドックスなフォーメーションであり、この先のすべてのフォーメーションの基本となる。 モブプロで良い結果を出すには、チームメンバー感の信頼関係が土台になる。ドライバはナビゲータの判断に敬意を払い、ナビゲータはお互いを尊重することで、モブは効果を発揮し始める。 複雑なソフトウエアをこれまでにない速度で構築できるようになる。 チームや(いる場合は)ファシリテータがモブの練度が高くない場合に、議論の収集がつかないなどモブを制御できなくなる場合がある。 その場合は、助手席から始めよう。

1 - 1 - 4: Front Passenger Sheet5 / 助手席

助手席に乗った人が一番ナビしやすい

f:id:martin_lover_se:20191206224025p:plain

状況

モブプロの経験が浅いチーム/ファシリテーター。 あるいはワークショップなど、モブのスケールアップの必要性に迫られている。

問題/フォース

メンバーの発言回数に極端に偏りが出る。あるいはナビゲータの議論がまとめられず、ドライバが手を動かせない。

  • ドメイン知識/専門性が高い/声が大きいメンバがいて、その人ばかりがしゃべる(a/k/a Ridin’ Shotgun Anti-Pattern6)
  • 積極的に議論に参加したがらないメンバーがいる
    • 理解が薄い
    • 内向的
  • 大きな規模で開催したい
  • チームがモブに慣れていない

解決

主にナビゲーションを行う「プライマリナビゲータ」を置く。

  • プライマリナビゲータを置く
    • 基本的に指示はプライマリナビゲータが出す
    • 他のナビゲータも発言しても良い
    • プライマリナビゲータが喋らないと進まないので、発言したがらないメンバーにも発言の機会が与えられる
  • 3〜5分など、頻繁に交代する
    • '非アクティブ/アイドル' な状況が続くと集中を持続することが難しい
    • 一人がひたすら喋る状況を回避する

結果状況

Llewellyn Falco氏のモブプログラミングワークショップセッションでよく見かける。 Agile2019 Conf の際、野良で行われていたモブプロセッションに参加したとき(冒頭の写真)もこの形式だった。 主に発言する人間を置くことで、制御がしやすくなる反面、アイドル時間が増え、リソース効率が悪くなる上、モブ本来の効果が薄まるというデメリットもある。 ファシリテーションのしやすさや、スケールさせやすいというメリットを活かし、導入時やワークショップなどで用いると良い。

6: One Team / ワンチーム

"アイディアがコンピュータに入力されるためには、チームの 合意 を得なければならない"

f:id:martin_lover_se:20191206225312p:plain

状況

チームの成熟度が上がってきて、全員がモブプロを効果的に行うために必要なことを理解した。 チームは更に複雑な実装/これまでに経験したことのない技術に取り組もうとしている。

問題/フォース

ドライバの手が頻繁に止まる。

  • ナビゲータ全員の知恵/目線を持ってしても原因を特定できない
  • チームに現在取り組んでいる領域の専門家がいない
  • モブに参加している人数が少なく、意見に多様性がない

解決

ドライバも議論に参加する

  • Strong Style の拡張
    • "For an idea to go from your head into the computer it MUST go through team's agreement"
    • ドライバの権限はたいへん強いため、チームの合意をもって入力する
  • 必要に応じて調査を分散して行う。時計を止める必要はないが、止めておいても良い。
    • 一番スジの良さそうなものをメイン画面で調査する
    • 時間を決めて情報の同期をとる

結果状況

ドライバも議論に加わることで、シンプルにモブの多様性を増加することができる。 ただし多様性が増加する分、制御が難しくなる。 ドライバ/ナビゲータともモブのやり方に精通しており、お互いを尊重すること、ドライバの独壇場にならないようにする必要がある。

3 - 3: Sync-Mob / 同期モブ

同じ場所で、同時に、 違うことを

f:id:martin_lover_se:20191206224236p:plain

状況

モブプロにチームが慣れ、リードタイムは定常的にモブプロ導入以前よりも短くなっている。 取り組むタスクの並列数(WIP)が常に1であるため、スループットが上がらない。

問題/フォース

チームのスループットの低下

  • 規模の大きなタスクに取り掛かり、他のタスクが進まない
  • モブのサイズが大きくなり、リソース効率が低下する

解決

2つのモブを同じ場所で、同時に行う

  • ディスプレイ、マシンをそれぞれ準備し、同じ場所で2つのモブ、2つのタスクを実行する
  • いつでもモブ間のコミュニケーションを取れるようにする
    • 常に同期をとることで、2倍のタスクをこなしつつ1つのモブとして動く
  • 同じPBIに対する分割したタスクを実装する
    • e.g. 片方のモブでフロント、片方のモブでバックエンド

結果状況

モブプロの利点の一つは場所の局所化によるコミュニケーションコストの最小化である。この方式を崩すことなく並列度を上げることができれば、チームはそれまでの2倍の仕事ができるようになる。 また、同じ場所でコミュニケーションが開けていることで、並列で進める場合の結合リスクも最小限に留めることができる。隣のチームにインターフェースを常に確認しながら進めば良い。 6人を分けた場合は3-3人となり、モブの最少人数になってしまう。必要に応じてそれぞれでワンチームも併用する。

2 - 1 - 2: Double-Linking / 接続

2人がつらければ、モブを繋いでみよう

f:id:martin_lover_se:20191206224312p:plain

状況

スループットの問題を解消するためモブを2つに分けたいが、5人しかメンバーが揃わなかった。

問題/フォース

ペアの方が負荷が高く、モブよりも進捗が悪い

  • ペアの負荷がモブと比べて高い
    • ドライバが回ってくる頻度が多い
    • ナビゲータは喋りっぱなし
  • ナビゲータの目線が少ないので、モブ本来の効果が得られない

解決

Linking-Navigator / 接続ナビゲータ を置く

  • ナビゲータの一人が、2つのモブを繋ぐ役割をする
    • 両方で起こっていることをナビゲーションする
    • 擬似的にペアを避ける
  • 接続ナビゲータはセッション中はドライバに参加しない
  • 2つのモブのドライバ交代時間・セッション終了時間の時計を合わせる
  • 接続ナビゲータの負荷が高いため、1セッションごとに交代する

結果状況

接続ナビゲータにより、5人のときでも擬似的に同期と同じ効果が得られる。 ただし接続ナビゲータの負荷が高く、一日中やるには向いていない。 タスクの難易度や重要度によって並列を解除しワンチームへ移行するなど、フォーメーションを柔軟に変更しながら対応しよう。

まとめ

いかがでしょうか。 先に述べたとおり再現性も確認できていないのですが、コミュニティの議論のきっかけになり、モブプロの発展に少しでも貢献できればいいなと思います。

そして、モブプロにはまだまだいろんなフォーメーション/パタンがあると思います。 今考えているところだとスケール、複数のモブチームの協調にもフォーメーションがありそうです。 モブプロを実践していてフォーメーションやパタンを感じたら、ぜひ教えてください!


  1. Harvesting Mob Programming Patterns: Observing how we work

  2. モブプロの創始者 Woody Zuill 氏がドライバーのことを “Smart Input Operator” と呼んでいたことにちなむ。

  3. The way things work in Llewellyn's world: Llewellyn’s strong-style pairing

  4. Mob Programming : A Whole Team Approach

  5. Ridin’ Shotgunも助手席という意味だが、件の論文でアンチパターン命名されてしまった。

  6. Harvesting Mob Programming Patterns: Observing how we work より

モダンイクメン

f:id:martin_lover_se:20191204005002j:plain

この記事は 子育てエンジニア Advent Calendar 2019 4日めの記事です。

adventar.org

ちょっとセンシティブな話題かと思うのですが、当然特定の個人や団体を非難する目的は一ミリもありませんので、 優しい心で、楽しんで読んでいただけたらと思います。

TL; DR

  • イクメンに対するもやもや
    • イクメンではなく父親です」
      • 完全同意だけど、もやっ
    • イクメンはまだ必要
      • 現実と理想の乖離が大きすぎる
  • モダンイクメンとは
  • モダンイクメン is 何
    • Make Safety a Prerequisite / 安全を必須条件にする
      • 育児に安全を、家族にコミュニケーションを
    • Adapt & Learn Rapidly / 高速に学習&適応する
      • 常に変化する状況に適応を
    • Deliver Love Continuously / 継続的にラブを届ける
      • 愛を示す継続的な行動を
    • Make Family Awesome / 家族 を最高に輝かせる
      • 家族全員が無理なく輝ける最善な選択を

イクメン」に対するもやもや

先月2人目の息子を授かり、絶賛2回めの育児休業中です。新生児かわいいです。 ママの出産からの回復を全力でサポートするべく、すべての家事を引き受けつつ、できるだけママが休めるように心がけています。

またかれこれ二年前ですが、長男のときは、妻の職場復帰を助けるためパパ一人の育児休業を8ヶ月ほど取得しました。 その時の様子や、考えたことはこちらの記事に記しています。

martin-lover-se.hatenablog.com

自分で言うのはアレな感じがしますが、俗に言う「イクメン」であると自負しております。

アレではあるのですが私、名前を漢字で書くと "育男" でして、生粋のネイティブイクメンであり、イクメンを名乗るのに誰にも遠慮することはないと思うところであります。

しかしながら、悲しいかなこの「イクメン」、最近では批判的...とまでは行かないまでも、否定的な意見もしばしば見かけます。 ママだけでなくパパからも、「イクメンと言われると違和感がある」という旨の発言を聞いたことがあります。

最たる例は「イクメンではなく父親です」でしょうか。

『イクメン』って言葉、もうやめませんか?育児をする男性は「父親」です。

おっしゃるとおりで、個人的には完全同意です。

でも、少しずつでも変わろうとしている現状をシャットアウトしてしまうような気もして、ちょっともやっとするんですよね。

イクメンとは

そもそもイクメンという単語はどういう意味でしょうか。

イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。 --- イクメンプロジェクト

イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。 2010年6月、長妻昭労働大臣が少子化打開の一助として「イクメンという言葉を流行(はや)らせたい」と国会で発言し、男性の子育て参加や育児休業取得促進などを目的とした「イクメンプロジェクト」を始動させたのをきっかけに、同語は一気に浸透した。 --- イクメン - コトバンク

2010年に有名になったようですね。厚生労働省イクメンプロジェクトが発端のようです。 定義がちょっと曖昧な気はしますね。

また、今の僕の価値観だと、育児に "参加" という表現には違和感があります。 育児の主体がママにある前提になっちゃってますよね。

10年前(から変わってないかどうかはわかりませんが)にできた言葉なので、今の価値観とそぐわないところがあっても仕方ないところもあるかなぁ、という気もしますが、 現実を見ると、そうでもないことを思い知らされます。

男性の育児 "参加" の現実

平成30年度雇用均等基本調査(確報) 事業所調査

(2)育児休業者割合 平成 28 年 10 月1日から平成 29 年9月 30 日までの1年間に配偶者が出産した男性のうち、平成 30 年 10 月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出をしている者を含む。)の割合は 6.16%

(3)育児休業の取得期間 男性は「5日未満」が 36.3%(平成 27 年度 56.9%)と最も高く、次いで「5日~2週間未満」35.1%(同 17.8%)となっており、2週間未満が7割を超えている(表3,図3,付属統計表第6表)。

6%のパパしか育休を取得しておらず、うち 70% が2週間未満なんだそうです。 率直な感想としては、「進捗ダメです」ですかね。

個人的な経験としても、まだまだパパの育児は浸透してないな、と感じることはしばしばあります。 前回の育休のとき児童館や保育園のイベントなど、平日に子供と遊びに行くところで、パパと子供の組み合わせを見ることは非常に稀です。 ママといっしょのケースは極々稀にありましたが、パパだけで、特に乳児を連れて遊びに来ているケースはほぼなかったと思います。 ちなみに今でも殆ど見かけません。20人に1人のパパが育児休業を取得して家にいるはずなのに...?

国際社会と比較するとどうでしょうか。

男性の育児休業の取得促進に関する施策の国際比較

USやイギリスやら、日本よりアレな国もありますが、

スウェーデン 1974 年時点では、両親手当の受給可能期間の 99.5% を女性が、0.5% を男性が受給してい た(87)。これが、クオータ制の導入された 1995 年には女性 90.4%、男性 9.6%、2016 年では女性73.0%、男性 27.0% となり、男女間の支給期間の差は縮まっている。

ノルウェー クオータ制が導入された 1993 年には、調査対象の男性のうち、両親休業を取得した者は 4.1% であったが、翌 1994 年には 45% に上昇した(100)。両親手当の受給率は、公的な統計により公表されている。ノルウェー労働福祉局が 2007 年 9 月生まれの子について行った調査では、両親手当の受給資格がある父親のうち、実際に受給した父親は 99% に達している。

イクメンの国として有名どころのスウェーデンノルウェーとはだいぶ差がありますね。

もちろん、育児休業を取得するか否かだけで育児へのコミットを判断しようという話ではありません。 が、現実として最も大変な新生児の時期や、ママの仕事への復帰の助けになれていないのは明白で、 まだまだ男性が育児にコミットできてない、あるいは関与が薄い社会であるように思われます。

この状況を打破、改善しようとする志や取り組みは歓迎されるべきものであるはずです。 そして今日もイクメンはその役割を果たしたとは言い難い ー つまりはまだイクメンは必要だ、と言えるのではないでしょうか。

イクメンに対するマイナスイメージ

にもかかわらず、冒頭で記したようにイクメンという単語にマイナスのイメージを持つ人が少なからずいるようです。 この原因は大きく2つあると考えます。

  • 期待値の相違
  • バイナリ思考

期待値の相違

イクメンという言葉は、もともとは育児をする/しようとする男性を肯定的に捉える言葉であったようなのですが、 それ以上に、「普通よりも育児にコミットする男性」を指す言葉として捉えられているように感じます。 この「普通」と言うやつが曲者です。

近年、特に働く女性を中心に、男性に求める育児へのコミットメントのレベルが高まっているのを感じます。 おそらく年代によってもかなり違うかと思いますし、あくまで僕の観測範囲での個人の感想ではありますが。

父親に求める子育てや家庭へのコミットー「普通」のレベルが10年前と比べて相対的に高まっているにもかかわらず、イクメン自体の定義がアップデートされておらず(調べてないですが、時代の変化に追いついてないことは確かと思ってます)、かつ曖昧です。 結果「イクメン」という言葉に対する期待に大きな幅が生まれ、パパ・ママの当事者間ですら相違がある、という状況が起こっているのではないでしょうか。

イクメンではなく父親です」はまさにこれで、"ふつうの父親"に期待する働きの高まりと、イクメンへの期待値のブレによる失望から生まれた発言ではないかと考えます。

期待値の相違を減らすためには、もう少しイクメンの定義の具体性を上げる必要がありそうです。 しかしながら、たとえば

イクメンたる行動の要素を集めて、これらの要素のうちN%以上を満たしたらイクメン認定!」

みたいな定義に意味があるとも思えません。

特に働き方の多様化により、家庭ごとの制約があまりにも異なり、同じものさしで図ることが困難、というかほとんど意味を成さないと思われるからです。

「何かをやる」という特定の行為にとらわることなく、しかしもう少し具体的な、かつみんなが納得できる定義が必要ではないでしょうか。

バイナリ思考

育児休業を取得したらイクメン」 「子供をお風呂に入れた程度でイクメン(じゃないよ)?」

これら イクメン or Not の思考は、いわゆるバイナリ思考といわれる認知バイアスの一種です。 気をつけていても、この思考に陥ってしまっていることが結構あります。

そもそもイクメンかどうかなんてどうでもいいはずなんですよね。 各家庭のコンテキスト/制約において、男性が育児にコミットしている状態を実現することが目的なはずです。

ゼロイチのバイナリ思考を止めて、イクメンをグラデーションで捉えましょう。

今の社会、みんなそれぞれ少しずつイクメンの要素をもっているものです。 でも自分で「僕はイクメン」って思ってしまうと、それ以上先に進めなくもなりそうです。 (冒頭自分で言ってましたけど、、)

この状況を打破するには、さらなる高みを目指して、イクメンを磨いて成長していけばいいと思います。 実はオリジナルの定義にも、ちゃんと書いてあるんですよね。

イクメンとは、 ~自らも成長する男性を指す。

そのためには、規範とする姿、ともすると到達不能と思えるような高い目標が必要です。

モダンイクメン宣言

というわけで、「イクメン」という単語を、特定の行動ではなく、今の時代の父親が備えておくべきマインドセットとして再定義する必要があると考えます。

Do イクメン から、 Be イクメンへ。

その目指すべき姿として、「モダンイクメン」を提唱します。

Modern Agile から着想を得ています。

modernagile.org

具体的には、以下の4つにより構成されるマインドセットです。

Make Safety a Prerequisite / 安全を必須条件にする

子育てにおいて、安全は最重要&最優先課題であると言えます。 物理的な安全はもちろん、家庭内での心理的な安全も大切だと考えます。

物理的な安全

  • 3歳までにどんなスケジュールで予防接種を受けますか?
  • 乳幼児で最も多い事故は?その対策は?
  • かかりつけの病院は?アレルギーは?飲めない薬は?
  • 心肺停止時など、救急車が到着するまでの間適切な対処をするための訓練を受けていますか?

などなどなどなど。挙げればキリがないですが、特に乳幼児期は事故や病気などの危険がいっぱいです。 子供の命、身の安全を守れることは、親としての最低限の責務と言えます。

ママに任せきりになっていませんか...?

心理的な安全

先程も述べたように、パパとママそれぞれのお互いへの期待値をすり合わせることが大切です。 この共通認識から醸成されるパパとママの間の信頼関係は、子育ての土台であると言えます。

そしてこの信頼関係の構築には、頻繁で濃密なコミュニケーションが不可欠です。

その日あったことを食事などの機会に毎日報告し合うことはもちろん、作業をともにしてお互いのやり方を共有したり、 今週の予定を確認しあったり。中長期的な家庭ビジョンについても定期的に振り返り、話し合う必要があるでしょう。

Adaption & Learn Rapidly / 高速に学習&適応する

子供の成長は早いです。 そして、子育てにおいて状況は刻一刻変化します。

昨日できなかった寝返りが、たっちが今日できるようになったり。 できることが増えたら危険が増えます。

興味のあるもの、好きなものが増えたり減ったり。 遊び方もすごい速さで進化します。

突然癇癪を起こしてみたり。 いきなり体調を崩してみたり。

これらの変化に対応するためには、やはり密なコミュニケーションが土台として必要となります。 変化を適切に捉え、適応していく必要があります。

Deliver Love Continuously / 継続的にラブを届ける

ラブです。愛です。

次男と対面したとき、宇宙の真理を感じました。

「無限って2で割っても無限なんだ...」

そう、親の愛情は無限です。

しかしながら、感じているだけ、溢れさせているだけではダメです。届けましょう。

「大好きだよ」「愛してるよ」

ちゃんと伝えられていますか? 言わなくても伝わる?意外と伝わってないものです。

言うだけではなく、行動で示しましょう。 見返りを求めず、率先して与えましょう。

義務だから育児を、家事をやるのではありません。 愛しているからやるのです。

時々ではなく頻繁に、継続的に、です!

Make Family Awesome / 家族 を最高に輝かせる

家族の全員が誰も無理をせず、持続可能なペースで、子育てを楽しみながら、自分の人生の目標の達成にも邁進できている。 そんな「家族が輝いている」状態にコミットしましょう。

現代の日本の子育ては、明らかにママへの負担が高いです。 もちろん各家庭の差はあると思います。 ママだけが育児を理由に何か人生で大切なものを諦めることなど、あってはなりません。

そして、家族にはもちろんパパも含まれます。 自己犠牲的になるのではなく、家族全員が輝ける「最善」を、コミュニケーションを通じて家族で考え実践しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

肝心のイクメン再定義がモダンアジャイルをもじったもので、正直半分くらいは「モダンイクメン」が言いたかっただけですが、 「何をやったか」ではなく、今の時代に沿った「マインドセット」としてイクメンを再定義する、という点については、割と真面目に考えています。 また、きっとみなさんにとっての「モダンイクメン」なマインドセットがあるはず、と思います。

もちろん僕がこれらすべてを備えているかというと、そうではありません。 まだまだ父親としても未熟ですが、実際に育児休業を過ごす中で、この4つの心得を自分の父親としての振る舞いの指針としています。

もっともっと、パパもママも最高に輝ける社会になっていけば良いなと思います!

Agile 2019 に行ってきました!

8/5-8/9 の日程で、Washington D.C. で開催された Agile 2019 に参加してきました。 Agile Conference は去年に引き続き二回目です。

f:id:martin_lover_se:20190812214133p:plain

カンファレンスの様子、セッションの概要や感想は会社のブログにまとめましたのでそちらをご覧いたただければと思います。 ここでは、個人的な出来事や感想をまとめておこうと思います。

TL; DR

  • LTしてきました
    • 笑いも取れたし、ちょっと自信がつきました
  • Mob Mentality Show に出ました
    • ラッキーパンチのおまけ出演ですが、いつも見ているチャンネルに出演でき感慨深かったです
  • モブプロしてきました
    • モブならUSでも働けそう!
  • 学びについて思うところがありました
    • とりあえず英語をもう少しなんとかします
  • たくさんの出会いがありました
    • 友だちが増えて嬉しいです!

今年も 最 & 最 of 高のカンファレンスでした!!!

LTしてきました

今回の自分にとってのハイライトはこれでした。

AgileConfには事前応募&投票で話す人が決まる Lightning Talk のセッションがあります。

今年は日本からの応援もいただいて(投票いただいた皆様ありがとうございました!)発表することができました。 資料も貼っておきます。

たった5分間の発表でしたが、海外カンファレンスの、しかも憧れの人たちと同じ場で発表できたことは自分にとってとても良い経験になったし、 このために1年間英語を練習してきたので、少し自信にもなりました。

直前は緊張しきってこんな顔をしていて、

f:id:martin_lover_se:20190812212649p:plain

川口さんに「こんな顔してますけど大丈夫ですか?」とこの写真を見せてもらいながらお声がけいただいて、正気に戻れました(笑

このセッションでは事前に発表順が決まっていなく、発表者が1つのテーブルに集まって、次に発表する人がマイクを取ることで自分たちで自己組織化して順番を決めるというルールです。 この緊張状態を保つのは限界だーと思っていたので、思い切って一番に志願しました。

会場の優しい雰囲気にも助けられて、話している間はすごく楽しめました。

f:id:martin_lover_se:20190812212903p:plain

渡米前に資料はできていて、スクリプトも丸暗記して臨んでいたんですが、前日に川口さんにレビューしていただいていて、結構構成をガラっと変えました。 これがドハマリして、結局追加したスライドが一番ウケるという。

いらすとや、ありがとうございますありがとうございます

とにかく、決められたことをちゃんとやることより、聞いてくれる人のことを考えて作ったスライドのほうが刺さるんだなぁと。 冷静に考えると当たり前のことなんだと思うのですが、経験できたことはやっぱり大きいです。

発表が終わったあとも「良かったよ」「いいアイディアだね」「僕も同じようなこと考えてるよ」など聞いてくれた人たちからお声がけいただけました。

f:id:martin_lover_se:20190812214506p:plain

チョット大変だったけどがんばってよかったなという気持ちです。

Mob Mentality Show に出させてもらいました&撮影に潜入しました

Mob Mentality Show というYouTubeチャンネルがありまして、モブプロ大好きなのでウォッチしています。

www.youtube.com

で、これも川口さんに出演の依頼があって、川口さんから僕も出ませんか、とお声がけいただけました。

この Mob Mentality Show(@mob__mentality) 、ホストはご存知 Chris Lucian(@ChristophLucian) 氏と Austion Chadwick 氏です。 ゲストも超豪華で、自分の前回がモブプログラミングの提唱者 Woody Zuill(@WoodyZuill) 氏、 自分の後ろが Modern Agile の Joshua Kerievsky(@JoshuaKerievsky)氏という...。

同僚や友達になかなかこの凄さが伝わらないのがもどかしいのですが、僕にとっては世界のスーパースターの中に突然モブキャラの僕が放り込まれたような感覚です。モブだけに。 AgileConfではこういうすごいことがナチュラルに起こるんですね...。 とにかく、収録してきました。

f:id:martin_lover_se:20190812213954p:plain 英語あんまし得意じゃないから、事前にアイディアを共有させておいてくれ、の図

Chirs とはもともと去年の AgileConf で会えて話を聞いていて、去年の RSGT でもモブプロや NoEstimate について多くのアドバイスを貰いました。 Austin とは Twitter で「モブプロの話しようぜ!」と言っていて、カンファレンスで直接お会いできました。

ふたりとも今回もとても良くしてくれて、紹介したアイディアを「いいね」と言ってくれたり、アドバイスをくれたりしました。 主にLTで話した内容について話したんですが、まあもっと英語やろう... というモチベーションに繋がりました。

また、木曜日は、前述の Josh の会の撮影に潜入することができました。

f:id:martin_lover_se:20190812214556p:plain

これは本当に神回で、現場に居られたことが凄まじくラッキーでした。 公開が楽しみです。エンジニアの方にはぜひ見ていただきたいです。

この収録を聞いててすごく感じたのが、「They write codes」でした。 Joshは会社を運営する立場ですし、Chrisにしてもディレクターという立場ではあるのですが、 今の時代にシステムを作る、コードを書くということがどういうことか、ということへの理解、解像度がものすごく高いというか。 そもそも自分でもコード書いてるぜっていうレベルなんですね。

それが日本のマネジャー、経営層と比べてどうかとか、どちらがいい、ということが言いたいわけではありません。 シンプルに違いはあるなと感じたところです。

アメリカでモブプロしました

Falco(@LlewellynFalco), Austin, Chris が中心と思うのですが、非公式で朝のセッションが始まる前の時間帯でモブプロをやっているという噂を聞きつけて、一も二もなく参加してきました。

f:id:martin_lover_se:20190812213432p:plain

最初は「言われてること、起こっていることにまるでついていけなかったらどうしよう...」とチョット緊張してたのですが、 Javaコードは世界共通、やっていることは5分程見ていてすぐ理解できて、ナビゲーターとしてもドライバーとしても貢献することができたと思います。

「あー僕モブプロならアメリカでも働けるな」

なんて脳天気なことを考えていたんですが、改めて冷静になって考えると言語の壁を超えるのって結構すごいことだなと思えて、 またモブプロが好きにもなりました!

f:id:martin_lover_se:20190812214858p:plain レトロの後、ホストのFalcoと。

学びについて思うところがありました

前回参加した時は何もかもが新しくて斬新で、「世界にはこんな新しいことがあるのか!」という感じでした。

その後Agileにドハマリしてまかりなりにも一年間勉強、実践してからの今回は、 インプットについては前回ほど斬新さを感じられたか、新しいアイディアを仕入れられたか... というとそうではないかなと言うのが正直なところです。

多少は自分の成長もあるのかもしれませんが、慣れによるところもあると思うし、今回はネットワーキングと知り合いのセッションに参加することを優先したのでその影響もあるかと思います。

それでも、これからは今の知識や経験と照らしてより深く洞察したり、スピーカーの方や参加者とのインタラクションの質をより高めて、よりそれぞれのトピックに深く潜ることが必要だなと感じました。

もともと何かを深く考えるのはあまり得意ではなくて、どちらかというと違いの中から抽象を取り出す操作のほうが得意だとは思っているのですが、 何れにせよ英語がボトルネックだとまた感じたので、改めてまた1年練習しようと思います。

人々との出会いがありました

今年もとても多くの出会いがありました。 趣味で2人セルフィーを撮らせてもらっています。 今年はこれ僕の趣味なんだー、って言いながら撮りました。

去年このカンファレンスで出会って、日本に休暇できた時に会社でプレゼンしてくれた Cherifa

f:id:martin_lover_se:20190812214717p:plain

間違いなく僕が Agile に傾倒する一因となった Woody

f:id:martin_lover_se:20190812215247p:plain

CSD 研修で5日間みっちり鍛えてもらった David 師匠

f:id:martin_lover_se:20190812213010p:plain

彼女の著書「Fearless Change」が大好きで、直接お会いして&セッションを聞いて大ファンになってしまった Linda

f:id:martin_lover_se:20190812213901p:plain

他にも世界の第一線で活躍するディベロッパー、アジャイルコーチたち...

日本からももちろん、第一線で活躍されているアジャイルコーチの方々が今年も多数参加されています。 また非常に良くしていただいて、たくさんの思い出を共有できて嬉しかったです。

f:id:martin_lover_se:20190812215948p:plain みなさんともセルフィーしてもらえばよかった。日本人同士のほうが恥ずかしさが出る。。

5日間同じ場所で同じ興味のイベントに参加する、仕事以外でこれだけ経験を共有できることってなかなか無いですし、コミュ障な自分にとって友達をつくるよい機会にもなっています。

ある方がこれを "修学旅行" と表現していて、なるほどそれだなと思いました。

まとめ:僕にとっての "Agile"

'Agile is Mindset' 去年このカンファレンスで、この言葉が腹落ちしたように感じています。

でもこれは結局人の表現でしかなくて、 では自分にとってAgileとはなにか?と考えた時、

なにかを「絆ぐもの」かなあと考えるようになりました。

チームを、 ビジネスと開発を、 人と人を、 世界と自分を。

これがAgileの定義ですと言いたいわけではなくて、少し自分の好きなことを言葉で整理してみようと思ったときにこうなったというだけなのですが、チラ裏に残しておこうと思います。 また、これからも自分の中で変わっていくはずです。 今回またこのカンファレンスに参加できて、去年よりは Agile が自分の血肉になっていて、少しは進んでいるかなと感じることができました。

今年も本当にたくさんの素敵な出来事があって、「ああ行けてよかったな」というのが心からの感想です。 そして、すでに「また行きたいな」と思っている自分がいます。

自分の成長への気づき、新しい知識と経験、新しい友だちとの出会い、そして新たな情熱!

今年も忘れられない、最高のカンファレンスになりました!

仕事大好きエンジニアが半年間パパだけの育休をとった話

f:id:martin_lover_se:20190605234656j:plain

件の育休復帰に関する一連のニュースを見ていて、居ても立ってもいられない気持ちになったので筆を執りました。

かれこれ1年前になりますが、7ヶ月ほど育児休業を取りました。 入れ違いで妻は仕事に復帰し、パパ1人での育児休業だったので、期間的にもそうですが今日でもそこそこレアケースではないかなと思います。

自分もそうでしたが、仕事が好きな人ほど長期間職場を離れることに不安や抵抗があると思います。 自分の経験を共有することで、そんなパパの育休取得を少しでも後押しすることができれば...

TL;DR

  • なぜ育休をとったの?
    • 夫婦間での公平性。育児で女性だけがキャリアにビハインドを負う合理的な理由ってあります?
  • 育休どうだった?
    • 辛いことや不安も多かったけど、それを差し引いても息子との時間は代えがたいものでした。
  • 復帰したあとどうだった?
    • 半年休んだ程度なら、キャリアとかスキルとか知識に何の問題もなかったです!

件の事件のようなこともまだまだ存在し、手放しに「みんな育休取りましょう!」とは言えない世の中かと思うのですが、 少なくとも自分にとっては貴重な体験でしたし、もっとパパ育休が増えると良いと思っています!

背景

都内在住、30代で夫婦共働きです。 タイトルの通り、私はITエンジニアを生業にしています。 妻は理系大学院を出て研究職として働いており、適切な言葉かはわかりませんがいわゆる「バリキャリ」の部類だと思います。

妻も私も実家は遠く、両親の援助は得られない状況でした。

私は仕事が大好きで、結婚してからも子供ができるまではワーカーホリックのような働き方をしていました。 今でも仕事は大好きですが、少し「好き」の表現の仕方が変わっていて、子供が生まれてからは完全定時ダッシュおじさんになりました。 理解のあるチームで本当に感謝です。

というわけで、このお話は「仕事大好きな人が半年仕事をしない決断をした話」と解釈いただければと思います。

どれくらいの期間?

8月末から、4月頭に保育園に入るまでの7ヶ月と少しです。 最初の半月ほどは、引き継ぎも兼ねて妻に休みをオーバーラップしてもらいました。 9月中旬に妻が職場復帰し、それから4月1日に保育園に入れるまでの期間、パパ1人で奮闘しました。

半年という期間はやはり長くて、最初の一ヶ月を終えた頃は

「やっと一ヶ月か... これが永遠に続くような気がする...」

みたいな感覚でいたのを思い出します。

なぜ育休をとったの?

2017年の1月、息子が生まれました。

早生まれで、(ギリギリ預けられたのですが)0歳で保育園に預けるのは心もとないな... とはいえ、1歳で保育園に入れるまでまるまる妻が休むと1年以上仕事を離れる事になる...

という事情から、妻とお互いのキャリアについて話し合いをする中で、育児休業を取ることを打診され、考えるようになりました。

半年間仕事を休んで子育てにフルコミットしたらどうなるんだろう...と、少しの好奇心が働いたことは否定できませんが、 最終的には以下のことが決め手となり、育休を取ることを決心しました。

育休は法律... だけど、会社の理解があったこと

まず前提として、男性の育児休業は会社の制度ではありません。法律で定められている労働者の権利です。 と書きましたが、恥ずかしながら私も育児休業が法律に定められていることは妻に教えてもらうまで知りませんでした。

...とはいえ現実を見ると、この事自体が知られていなかったり、封殺してしまうような会社が存在することも事実です。

私はサイバーエージェントという会社で働いています。 前述の通り半年以上育児休業を取得し、何の問題もなく復帰を果たしました。 会社にはパパの育休をはじめ、リモートワークなど育児を支援する様々な制度が整備されており、心理的にも実務的にもかなり助けられました。というか今でも助けられています。

今の「社会」では、(残念ながら)この環境は決して当たり前だったり、法律だから前提...などといえる状況ではなく、 とても恵まれている環境なんだと認識しています。

お互いのキャリアにおける「公平」さ

「出産、育児において女性だけがキャリアにビハインドを負う合理的な理由ってあるんだっけ?」

これは妻から言われたのではなく、自問するうちたどり着いた問いです。 もちろん各家庭の状況によると思いますが、結局自分のコンテキストでは答えを見つけられませんでした。

合理的でないから休まない、ということが言いたいわけではありません。

手前味噌ですが、私の妻は仕事人としてとても優秀です。 その妻が働けないことや、キャリアを諦めること自体が間違いなく社会損失ですし、妻を差し置いて自分だけ働く理由がありません。 収入の多寡も関係なく、私にとって、妻と私のキャリアにおいての「公平さ」は決断における大切なファクターでした。

もちろん妊娠中の仕事への影響や、出産前の休暇など含めるとどうしても妻のほうが仕事への影響は大きかったと思うのですが、それでも休んだことに意義はあったと考えています。

そもそも父親です

「自分の息子を(妻はできるのに)一人で世話して育てることが出来ないの?」

という問いがもう一つ決断の柱になりました。 出産や授乳は変わることはできないけど、それ以外のことはパパでもできるし、やるのが当然だと思います。

育休を取る前も、土日は息子と一緒に過ごすことが多かったとはいえ、自分が育児の主体になった経験は今でも非常に役立っています。 たとえば、妻の宿泊を伴う出張にも、何の問題もなく対処できます。

冗長化、大事ですよね!

育休を取る前の仕事の様子は?

育休を取ると決めてからすぐ上司相談にして、そのあと人事に相談しました。 息子が生まれるよりも前、育休に入る9ヶ月以上前でした。早めの相談は会社、チームと自分双方にとって大切だと思います。

初めてその話を上司に切り出したとき、快諾してもらえて、ずいぶん安心したのをよく覚えています。いい会社で働いているなー、と。

その後、同じ部署でチームを異動したり、ということはありましたが、一貫して「自分にしかできない仕事をつくらない」ことを心がけていました。 私はエンジニアなので、担当したタスクのドキュメントを詳細に残す、であったり、基本仕事を進めるときに誰かを巻き込んでバックアップ体制を取る、といった具合です。

もちろん「この人は半年後に休む予定だから...」といって不当に簡単なタスクを割り当てられるようなことはなく、 休みに入る直前まで今の自分のスキルをフルに活かして貢献できる責任ある仕事をやらせてもらっていたし、それをこなしていたと自負しています。

その甲斐もあってか、チームからも快く送り出してもらうことが出来ました。

余談ですが最近では育児休業をとらなくても、普段から属人化を減らしておいたほうが良いなと感じています。 若い頃は「この仕事は自分にしか出来ない...」という謎の使命感、というか自己満足な感情があったのですが、 まあそこそこの規模の会社であれば大体代わりの人はいますし、そうあるべきだと思います。

なお最近では、チームの働き方としてモブプロを採用しており、バス係数=チーム人数でとても安心感があります。

martin-lover-se.hatenablog.com

ITエンジニアは育児休業取りやすい職業なのかな?...と思っていたんですが、なんで取りやすいのか理由を考えてみたら特に浮かばなかったです。 他の業種はやったことがないのでわからないですが。会社が先進的だ、というだけかもしれません。

何れにせよ、会社や上司の理解があること、はもっとも重要なファクターであると考えます。

育休中の様子は?

平日の過ごし方

全力で専業主夫をこなしていました。

とはいえ家事は妻と折半ですし、ママ友の話を聞いていてもほかの専業主婦ママよりはだいぶユルかったと思いますが... まあ、あまり頑張りすぎないのも大切だったかなと思います。 (世のママさん、パパの家事のアラは少し大目に見てやってください...)

朝ごはんを作って、息子と妻に食べてもらって妻を送り出して、
日中は公園にお散歩に行ったり、公民館や地域のイベントに出かけたり。
帰ってきたら息子といっしょに「おかあさんといっしょ」見て、ブンバボン歌って。
晩御飯の準備して、息子をお風呂に入れたらあっという間に夜... という具合ですね。

なお我が家では家事と育児は私と妻で2等分です。 私が働いて妻が休んでいるときもそうでしたし、共働きに戻った今でもそうしています。

全力で1週間育児にコミットした方ならご理解いただけると期待するのですが、特に子供が小さいときは、仕事より育児のほうが負荷が高いです。 もちろん業種業態にもよると思いますが、少なくとも私にとってはそうでした。 冗長な構成を取ることはやはり大切だと考えます。

良かったこと

何をおいても、息子とゆっくり、たくさんの時間を共有し、成長著しい時期を共に過ごせたことが最高でした。

育休に入った頃にはおすわりもおぼつかなかった息子が、
ハイハイを初めて、タッチできるようになって、高ばいできるようになって。
歩き始め... る前に残念ながら休み明けてしまいましたけど。
言葉が出始めて、「ママ」より「パパ」をたくさん言ってくれたり(一緒にたくさん練習したからね)
食べ物を選び始めて、人見知りしだしてずーっとパパにしがみついてて。

時間は巻き戻りません。長い仕事人生の中でたった半年キャリアを欠損したとしても、代えがたい思い出を得られました。 もちろん育児休業を取らなくても思い出は作れると思いますが、長い時間を共にして、しっかりと息子と信頼関係も築けたと考えています。

最近「ママがいい〜」とか言われますけど...。

特筆事項として、電動自転車の導入でとても心が軽くなったことを書き残しておきます。 1歳くらいから乗れるようになるのですが、それまではベビーカーや抱っこ紐、あるいは両方持っての移動でした。

抱っこ紐やベビーカーでの移動はとても大変だし、公共交通機関を使うにも気を使うし、遠くに移動できないし...行動範囲も狭くなりがちです。 それが電動自転車の導入で移動がとても楽になり、行動範囲も広がってそれだけで心がとても晴れやかになったのをよく覚えています。

コスパ最高なので1歳になったら是非購入をご検討ください。

辛かったこと

一番つらかったのは、「社会から隔絶されている」と感じてしまうことです。 いま冷静に考えると実際にはそんなことはないし、完全な勘違いなのですが、やはり大人とのコミュニケーションが減って、視野が狭くなりがちだったと思います。

具体的な辛かったことと、その対処をいくつか紹介します。

子供の命を預かる不安

これは完全に当たり前で、世の中のすべてのパパママがそうなのですが、 休日を息子と2人で過ごすことは多くあったにもかかわらず、最初のママがいない平日の不安な気持ちをよく覚えています。

少しのミスが息子の命にかかわるのではないか...という。

この不安は慣れによってだんだん緩和されていったのですが、 育児本を読んだり、地域イベントの小児救急ワークショップに参加したりして「もしも」に備える行動を取ることで、少しずつ自信がついて解決していきました。

パパコミュニティがないのが辛い

平日の昼間に、1歳の子供と遊びに行くところといえば

  • 公民館
  • 子育てセンター
  • 保育園(主にイベントごと)
  • 公園

あたりがメインになると思うのですが、驚くほどパパと子供だけで遊びに来ている親子が少なかったです。 半年間で片手に収まる程度、とかそういうレベルです。 パパも5%くらい育休取得しているはずなのですが... 。 たしかに、私も初期のころはパパと子供だけでイベントごとに遊びに行くことの心理的なハードルは結構高かったです。

当然、地域の子育てコミュニティはママで構成されていて、パパ育休の不安や悩みを共有できる人がいないのが辛かったです。

地域のママたちと共通の話題はもちろんあるのですが、やっぱりママだけのところにパパが居ると、授乳のこととか話しづらい話題もあるんだろうな...と言う空気を勝手に感じてしまっていたりしました。

これも時間が解決してくれて、結局、解は「ママコミュニティに参加すること」でした。 だいたい曜日替わりでイベントごとがあるのですが、毎週通っているとよく会うママや子供と自然に会話します。 ママたちも、パパの参加は珍しいのでよく話しかけてくれます。こちらが壁を作らなければ、案外あっさり溶け込めました。

とくに「プランケット」というイベントに参加できたことはとても幸運でした。 ここで出会ったママ友のみなさんと、助産師の田中先生には本当に救われました。 気兼ねなく話せて、悩みを相談&共有できる場で、毎週楽しみに通わせていただきました。

仕事も勉強もしてない、という事実が辛い

育休を取りながらの勉強、できる人はできると思いますが、自分にはほぼ無理でした。

技術が進んでるんじゃないか...
仕事が進んでるんじゃないか...
勉強できてない... 本を読むことすらできてない...

と、ネガティブ思考の悪循環に陥ってしまう期間もありました。

子供が寝る30分とか、寝付いたあととか、ちょっとした空き時間は毎日できます。

勉強しなきゃ... コード書かなきゃ...
でも自分も疲れてて寝てしまう... ああ、明日こそ...

後述しますが結論、半年休んだ程度でエンジニアとしてのウデはどうこうならないので、まったく心配する必要はなかったです。 そんなことで頭と心を悩ますぐらいならいっそきっぱり忘れて、息子と笑顔で過ごすことのほうがよっぽど大切で有意義だったと思います。

保活が辛い辛い&辛い

保活の辛さと、それをどう乗り切ったかは以前ブログに書きました。

martin-lover-se.hatenablog.com

東京の保活はとにかくヤバイです。語彙が貧困で申し訳ないのですが、本当にヤバイです。

世のパパたち、絶対にママひとりに保活を任せてはいけません。
世のパパたち、絶対にママひとりに保活を任せてはいけません!!!

復帰したあと

結果的に、育休前に所属していたチームに戻れることになって最高でした。

PCのセットアップやら、慣らし保育のための早退やらで1週間位はあたふたしましたが、まあ自分で言うのもアレですが半年間働いてなかったんだっけ?というくらいスムーズに職場復帰できたと思っています。 自分の中でも、すごく自然に「働いている自分」に戻る事ができました。

これはやはり会社、そしてチームと上司の理解が大きいです。 安心して働ける環境だったからこそ、すぐに自分の最高のパフォーマンスを発揮できたと思います。

「技術の進歩は早い!学び続けないと!」はエンジニアにとってもちろん常にTrueです。 ですが、ぶっちゃけたった半年休んだ程度で追いつけなくなるほどではないと思います。 半年も働かなかったらコードの書き方とか綺麗サッパリ忘れちゃうんじゃないかな?とか心配していたのですが、全く、一ミリもそんなことはかったです。

何より、この経験を通じて会社とチームに対するエンゲージメントがMAXに高まりました。 復帰してから、以前にもまして会社のため・チームのために自分ができることを考え、自分で自分をモチベートして実践するようになりました。 会社から見ても、これは長期的な視点で費用対効果があるのではないでしょうか?

まとめ

共同参画によると、2017年ではパパ育休の取得率は5%ちょっと、2020年には13%を目指しているそうです。 Twitterなどを見ていても、冒頭紹介した記事のようにパパが育休を取得するケースは確実に増えてきているように感じます。

一方、半年以上育児休業を取得するケースはあまり見かけないし、ママが職場に復帰してパパと子供だけになるケースはもっと稀だろうと思い、経験を共有してみました。

再三ですが、私は半年以上休みましたが何の問題もなく復帰していますし、休む前と同様に、いや休む前以上に仕事を楽しんで、成果を出していると思っています。

こういう事例もあるんだよ、ということが少しでも伝わり、男性の育休取得の後押しになれば。

女性が活躍する社会が叫ばれて久しい昨今、保育園の拡充や、職場復帰しやすい、子育てしながらでも働きやすい社会制度はもちろん重要です。
同様に、パパの育児へのコミットと、それに対する社会の理解も重要なファクターではないでしょうか。

その意味では、僕が働いているサイバーエージェントは最高に働きやすい会社ですが、 世の中ももっともっと多様性に寛容になって、子育て世代が働きやすくなるといいな、そんな未来の実現に少しでもこの記事が役に立つといいなと思います。

追記 2019.6.10 「育児休暇」ではなく「育児休業」とご指摘をいただき、文中の該当箇所を修正しました。